流觴曲水-四字熟語-壁紙/画像


流觴曲水 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】りゅうしょうきょくすい

【意味】曲がりくねっている小さな川の上流に、酒の入った杯を浮かべ、自分の前を流れていってしまう前に詩を作って、杯の酒を飲むという風流な遊びのこと。陰暦の三月三日に行われた風習で、中国の晋の王羲之が会稽の蘭亭で行ったものが有名。日本では奈良時代や平安時代に行われ、曲水の宴と呼ばれた。



流觴曲水-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード