相碁井目-四字熟語-壁紙/画像


相碁井目 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】あいごせいもく

【意味】何事につけても人の実力は上下さまざまであること。囲碁で相碁というのは実力がほぼ同等の二人が打つハンデなし・同じ条件の真剣勝負のことである。井目というのは二人の実力に大きな差がある時に、弱い人が初めから九目に自分の石を置いてから勝負する『ハンデ戦』のことである。対等な条件で碁の勝負ができる人もいれば、ハンデを付けなければ勝負にならない人もいる。そのことから、人間の物事の実力には、何でも上下や巧拙(上手い・下手)があるという意味となった。



PR
PR

相碁井目-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード